自分を好きにはなれないけれど

アラフィフ、バツイチ、アシュタンギ、ドボジョ、双極性障害、恋愛依存症、韓ドラ、Kpop、ネットショッピング。 書きたいことを書くだけ。

相葉君とお揃い。

相葉マナブ」、見てますか。

たまにしか見ないんですが、先日の釜飯の回で相葉君(と渡部さんと澤部さん)が使ってた紺のシマシマのお茶碗、全く同じのを私は使ってます!

 

以前初めて見た時、ビックリしたわ。

 

美濃焼の「かるーい」っていうシールがついてるシリーズで、よく大きなスーパーやホムセンで売ってます。

本当に、軽くていいですよ。

私はお茶碗とどんぶりを持ってます。

 

みなさんも、ぜひ(笑)

古代では「コンジュマーマー」ではなく「コンジュニム」なのね。

YouTubeをチェックしていたら、モンエクからチュソクのご挨拶の動画がアップされていました。

みんなで伝統衣装風の服を着てるヤツね。

 

2分足らずでしたが、一生懸命聞いても、

「インサ」

の一言しか聞き取れませんでした。

 

挨拶をしたいのね!

それは最初からわかってるの、お姉さんにも!

 

字幕が無いと、全然ダメだなあ。

最近はBSの「善徳女王」がわりと聞き取りやすいんで、勉強がてらセリフを真似していますが、

「チンゴルインガミ(真骨の王)…」

なんて言葉を知っていても、何の役にも立たないよー(笑)

 

 

別の話です。

先日、シンさんがウチの係長に、

「コピーのつもりが、原本を渡してしまった」

ということで、忙しいのに我が社に取りにきました。

 

「信じられないですよね!

本当に何やってるんだか、全然わからない…」

と失敗をボヤいていましたが、私は相槌を打つことしか出来ませんでした。

 

ヒトの失敗って、全然大したことじゃないですよね。

でも同じ事を自分がした場合は、死ぬ程気にしてしまう。

なんでそういう心理になってしまうのだろう。

 

夏に、私の調整ミスで、シンさんとウチの係の人が、結局現場で会えなかったことがありました。

ブログでも書きましたが、シンさんの貴重な時間を1時間以上無駄にしてしまいました。

 

私が待たされた側なら、全く、1ミリも気にしないことなのに、未だに申し訳なくて、居ても立っても居られなくなります。

 

たまにその現場の話になると、シンさんは、

「あの、会えなかったトコですね(笑)」

と言うので、私はすぐさま、

「うわー!ごめんなさいー。

本当に申し訳ない〜」

と謝ります。

 

どうも、シンさんはそのプレイを気に入っているようです。

なんか嬉しそう。

そういや、私をいじめたいって言ってたもんな(笑)

 

 

 

あと、やっぱりピダミはイケメン過ぎて反則。

「推理の女王」を途中から見ましたが、1回見ただけで、上質のコメディだとわかりますね。

よくできてるし、主役の二人は可愛いし、毎日すごく楽しみに見てます。

 

「応答せよ!1988」も良作です。

ポゴミは、確かに可愛いです。

ドボジョの面目躍如。お色気作戦(笑)

先日、私が作って広範囲に回覧されるように手配した「工事のお知らせ」の文章が、大反響を呼んでいます。

 

「読んでも全然わからない。フリガナを振れ」

等々、匿名のおじ様からの電話が何本もかかってきました\(^o^)/

 

他の人が以前配った文章を、わかりやすく直したつもりでしたが、土木の専門用語を使っており、一般の人にはわかりにくいし読みにくかったようです。

 

で、私はこういう時に、思い切り「女性」を使います。

だって、女性と(タダで)話をするの、楽しいやろ?

 

今日も自称「学が無い」というおじ様から、フリガナを振れという電話がかかってきたので、謝りながら愛想良く話をしていたら、

「アンタ、さっきから可愛い声でしゃべりよるけど、美人やろ?!」

と言われました。

 

めっちゃ嬉しいんですけど。

酔っ払って電話してきたとしても(笑)

 

まあ、そんな感じで、失敗はしたけど、今回は落ち込まずに楽しく対応してます。

女性で良かった。

 

次回は超わかりやすい文章にしちゃる〜

 

 

追記です。

先日、シンさんの会社に再々文句を言いに来てるというおじ様が、我が社にもやってきました。

最初はかなり高圧的に怒っておられましたが、熟した美女であるワタクシが(笑)優しく対応したら、どうかお願いしますね、位にトーンダウンしました。

 

技術的なことはトンチンカンだけど、対人交渉には意外と向いてる気がします。

 

家族の話を聞いて動揺する位なら、諦めた方がいい。しっかりせねば。

先月末、本社の人が現場を見に来たので、下っ端の私が飲み会をセッティングしました。

そして、本社の人とシンさんを引き合わせるのも仕事の上で良い事だと係の皆で判断し、係長と3人でデートをした時に、私がシンさんを飲み会に誘いました。

 

取引先の人を誘うなんて、ほとんど無いことです。

 

ウチの係の人は、家から近い4駅先の街で飲みたがりますが、シンさんの会社の最寄り駅と逆方向です。遠いです。

なので幹事の権限で、シンさんが来やすいように、我が社の最寄り駅のすぐ裏の店にしました。

ははは!

 

で、結局、シンさんはその日も9時近くまで残業だったようで、無理です、と夕方に先輩に電話がありました。

ガッカリや。

一応部屋を掃除して、勝負下着をつけていったのに(笑)

 

で、今日は久しぶりに先輩と3人でデートでしたが、定食屋で待っている時にシンさんが徐に、

「先日の飲み会に行きたかったのに、係長に許してもらえなかった」

という半月以上も前の話を始めました。

 

あの後、先輩にその話をする機会はいくらでもありました。

だからこれは、私に直接言おう、謝ろうと思って機会を待ってたということです。

お姉さんには、その意図が通じたぞ!

 

社に帰ってから、先輩がまたシンさんに電話をしていましたが、

「飲み会はどこでしたのか?」

とシンさんが聞いたらしく、

「駅の裏や。

A(私)が一生懸命セッティングしたとこや。

美味かったで。」

と言ったので、

「先輩、グッジョブ!!」

と私は心の中で小躍りしました。

ふふふ。

 

 

余談です。

今日も3回位、何食わぬ顔でシンさんにタッチをしました。

ポールやメニューの受け渡しの時に、狙いを定めてスッとね。

 

普通、異性に手や体が触れたら、自分のせいじゃなくても、「すいません」とか言いますよね。

両思いだとわかってる相手なら、その瞬間に見つめてきたり、軽く手を握り返してきたり(昔のB氏はそうだったな)。

 

シンさんはいつも完全ノーリアクションなんですけど、このままこれを続けてもいいものなんでしょうか?

 

 

 

ああいう感じが好き。モンべべ兼STAY。

まだフィリックスしか見分けられないけど、STAYになります。決めました。

みんな、可愛いなー。

 

PSYの「new face」って、とてもいい曲ですね。

日本にはあまりないジャンル。

昔のとんねるずの歌に近いかな?

スキズがあれをカバーした動画がすごく好き。

あの、空席が目立つ会場で歌ってるヤツ。

本当に素晴らしいなあ。

 

検索をしていたら、モンエクのファンの人(多分私と同世代。娘さんと一緒にペン活動が出来るのは羨ましいなあ)が熱くスキズを語っているブログを見つけました。

やっぱり、系統が似てるのね。

 

さあ、恋愛欲と性欲は、健全な方法で分散させていこう(笑)

 

 

一人きりは、寂しくないけど超ヒマ。

平日も休日も、私には予定がありません。

一人で部屋にいて、韓国ドラマを見たり、昼寝をしたりしているだけ。

 

連休とか、マジですること無いんですけど(笑)

 

婚活も習い事も、人付き合いはトラブルの種になるだけだと思い、やっていません。

お互いに嫌な思いをするくらいなら、一人でいるべきです。

人に迷惑をかけたらあかん。

 

で、前彼と別れてからは、何もせず、本当に一人で過ごしてきました。

4年近くになるなあ。

 

もう、結婚したいという気も無くなりました。

私の家事能力と収入と優しさとカラダ(笑)を人のために使わないのは非常にもったいないのですが、需要が無いからなあ。

 

需要が無いんだよ!

 

恐ろしいことにこの4年近くで、独身男性に誘われたりいい感じになったことは、一度もありません。

 

既婚男性は、6、7人寄ってきたのに。

20代の頃よりモテてるやん(笑)

 

えーと、話がずれたな。

とにかく、もう結婚できないし、今後独身男性と付き合える気すらしません。

 

未来なんか、何もねえよ!

生きてる意味すらないわ(あと50年も生きたくないよう)。

 

 

まあ、休日にそんなことを一人で考えていたら、気が重くなってきました。

 

重たい女ってやだな。

そんな自分をわかってもらいたいと思うのが、失敗の元なのさ。

 

だから、自分語りはしない!

こうしてブログで吐き出せばいい。

わかってもらわない。

同情されるようなことは言わない。

 

さらっとかろやかに、ニコニコしていよう。

余計な事は言うな!!