自分を好きにはなれないけれど

アラフィフ、バツイチ、ヨギーニ、ドボジョ、双極性障害、恋愛依存症、韓ドラ、Kpop、ネットショッピング。 書きたいことを書くだけ。

奥さんと不倫相手の女は、結局似ている(何の解決にもならない)

離婚後しばらくして、断続的に付き合っていた社長のブログの更新が滞っていたので、久しぶりに会社のHPを覗いてみました。

 

すると、職人さんを除く社員さん全員の写真が公開されてました。

もちろん、経理をやってる奥さんのミエチャンの写真も。

 

社長はイケメンではないけど、感じが良くてエネルギッシュでアイデアマンで行動力があり、非常に魅力的な人です。

 

20代に会社員と兼業でプロスポーツ選手をしてた頃は、超激モテだったそうです。バブルの頃だしね。

今の会社(住宅関連)で働き始めてからも、お客である奥様に、暗に誘われたことが何度かあったそうな。わーお。

 

選手を引退し、東京から奥さんを連れ帰って家業を継いだものの、奥さんは時々家事や育児が出来なくなるうつ病持ちで(私の見立てではアダルトチルドレンだと思う)、社交的で多趣味な社長の願うような結婚生活ではなかったみたいで。

 

「じゃあなんで、(数多押し寄せる女性の中から)奥さんを選んで結婚したの?」

と聞いたら、

「(見た目が)タイプだったから!」

と、キッパリ言ってました。

男性って、そんな感じらしいですね。やれやれ。

 

私と知り合ったのは、社長が結婚して7、8年頃かな。

家絡みのことで彼の会社に工事をお願いした時に、彼が担当してくれました。

後で考えたら、社員さんや職人さんに怪しまれただろうなと思うくらい、スキスキオーラが出てました。大丈夫だったのかな?

 

当時は私も結婚してたので、

「なんか、どエラく親切な人だなあ…」

としか思っていなかったのですが。

 

数年後に私から連絡して付き合い始めた時に、私のどこがいいのかと聞いたら、やっぱり、

「(見た目が)タイプだから」

と言ってました。

 

私も双極性障害でネガティブで非社交的で、社長の隣で一緒に人生を楽しめるようなタイプじゃないのになあ。

 

ホントに、男性の皆さん、ちゃんと中身を吟味して、女性を選びなされよ。

 

 

で、やっと本題に戻りますが、HPの写真のミエチャンは、決して美人ではなく、「もたいまさこ系メガネさん」でした。

 

やっぱり私と同じタイプじゃんか(笑)