自分を好きにはなれないけれど

アラフィフ、バツイチ、ヨギーニ、ドボジョ、双極性障害、恋愛依存症、韓ドラ、Kpop、ネットショッピング。 書きたいことを書くだけ。

あれじゃあ、今年中のデートは無理だな。

金曜日かと思ってたら、木曜日でした。

だから完全に、手抜きな格好でした〜orz

 

シンさんが、ウチの課に作業をしに来ました。

2時間以上いたのかな。

 

切りに行くヒマがなく、ますます伸びる髪。

ブログと手帳を照らし合わせてみたら、最後に散髪したのは8月20日以前だわ(笑)

でも見慣れたら、長髪もいいかなと。

斜め分けにした前髪も可愛いぞ。

 

本当に忙しいらしく、かなり痩せたようです。

頰がこけて目が大きく見えるし、腰も細くなっています。

前に抱き合った時は、腰が意外にぷにっとしてたのに。

 

作業中は交流無しでしたが(離れた席でしたが、何回もチラ見しました)、終わってから私の係に来て、連絡事項を話したり、資料を渡したりしてくれました。

 

先輩が、お疲れ様的にお煎餅を一つシンさんに渡したので、私もチョコを一つ(疲れてる時はやっぱチョコでしょ)、黙ってシンさんの手に載せました。

 

えへ、「手に載せた」ってのはウソで、結構大胆にチョコと指先をシンさんの掌にギュウと押し付けました。

労いを込めた、得意のお触りです。

はっはっは。

 

何回も目を見て話せたし、なんとなーく好意も感じられたし、いい日でした。

 

 

余談1です。

ウチの課で、初対面の人とも感じよく話してたし、仕事もサクサク捌いてるし、痩せてまた若返ったし、ああ、素敵な人だよな。

あれは、モテるでしょ…

 

 

余談2です。

シンさんの課には女性がいません。

そこが、私には救いです。

ウヒヒ。

 

PTAは、たまに参加する程度なら、お母さん方も手は出せないだろうし。

 

やっぱり理系のイケメンは狙い目だよな。

その証拠に、子供さんの年齢からして、素早く奥さんに捕獲されたみたいだし(笑)

 

 

余談3です。

「C(シンさん)は、何を言っているのかわからん」

と先輩は時々言います。

今日、その意味が、ちょっとわかりました。

 

シンさんが、現場の地名を言わずに説明を始めた時、

「ああ、あそこのことですね」

と私はすぐに言えました。

 

私は昔から異常に察しが良く、断片的な情報でも相手が何を言いたいか、何の話をしてるのか、ピコーン!とわかるのです。

特殊能力に近い(笑)

 

だから、シンさんの話は、全然わからなくないよん。